Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

暑いのはわりと好き

いや、きついのは確かなんだけど、寒いのに比べると練習のスタートラインに立つまでの自分自身に対する葛藤は少ないです

 

ただ走り出してからの精神的な耐久力は冬場に比べれば数段落ちるのは確か

 

なので夏場の10km以上の練習には自分なりの「ご褒美」がないと結構しんどいです

 

昨日は久しぶりの競馬場

 

ただ、いつもとはスタートを変えて、東武野田線の六実駅から地図アプリまかせの新コース

 

昨日はスタートが11時近かったので短め10km

まあ、スタート早くても昨日の気温じゃ10kmが限界です

(北海道対策に入る再来週くらいからは最低20km以上になりますが)

 

ざっくり言うと、六実から鎌ヶ谷抜けて中山方面のコース

 

う〜〜ん・・・

初めてのコースにしては楽しかったのですが、問題がいくつか・・・

 

ヾ汗道路でないところが多い

∧眛擦里覆い箸海蹐わりと多い

J眛擦あっても狭い

し觜愁▲奪廛瀬Ε鵑激しい

 

まあ、い藁習コースとして決して問題だというのではないのですが、やはり歩道のない場所が多いというのは少し問題です

 

アップダウンに関しては、中山競馬場の立地自体が高台にあり、なおかつ各方面から丘を越えないと行けない場所なのでそれは仕方ないです

比較的アップダウンが少ないアプローチができるのが江戸川〜市川コースなのですが、それでも最後に一気に登ります

 

ちなみに昨日の鎌ヶ谷コース

 

大きなものはそんなにないですが、細かくたくさんあるので気温35℃の中ではかなり堪えました・・・

 

途中には日ハムのグラウンド

だからって別に興味はないですがw

 

ゴールしてからはいつものようにラーメンと鳥の竜田揚げ食べて、軽く遊んで帰りました

少し負けました。ま、買っても負けても少しです

 

帰ったら家のエアコンの調子が悪くて、なんか涼しくない!

 

おかげでなんか暑いのが醒めません・・・

 

今、エアコンクリーニング業者に問い合わせ中です

 

なかなか予約とれないんだよなあ・・・・

 

 

次の週末ランは22日の予定です

土曜日なので無茶練しようと思いますので、ここで灼熱30kmかな

休み休みでもいいので30km走ろうと思います。北海道対策です

 

  • 2017.07.10 Monday
  • 10:42

-

やっとスタート前関門はクリア

以前書いた青島太平洋のスタート前に立ちはだかる2つの関門

.┘鵐肇蝓

航空券とホテル予約

 

で、,論萋クリアしましたが、航空券に関しては12月分の航空会社の発売が始まらないとどうにもならないものですが、晴れて本日から予約開始となりました

 

で、さっそく予約しました

 

事前にホテルだけは押さえておいたのですが、そちらはキャンセル致します

 

何はともあれ、アオタイのスタートラインに今年も並ぶことができそうで良かったです

 

あとは2月の姫路城だなあ・・・

まだ当選していませんが・・・

 

 

 

  • 2017.07.06 Thursday
  • 18:28

-

羽田コース

久しぶりの多摩川ラン。そして羽田コース

 

一応こういうときは前回がいつだったかとか、初めて走ったのがいつだったかなど調べてみるのですが

前回はすぐわかりました。というか覚えていました。敢えて書きませんがw

 

で、初めて走ったのはいつだったか・・・

 

こういう記憶というのは結構自信があるのですが、このコースに関する記憶は結構曖昧

 

ただ、多分2度目に走った時が、新国際線ターミナルの営業開始前だったのは確かです

そんな幟が見えました

モノレールの軌道も昔のコースだったです

 

ということは初めて走ったのは2010年10月より前だったのは間違いないです

 

でもさすがに詳細を覚えていないのですよ・・・

とりあえず7年以上前だとは思います

 

で、昨日はBaronさん。山さんとのラン

 

お風呂はなくなってもスタートは六郷土手です

河川敷近いしコインロッカーあるしでなにかと便利

 

でも車で河川敷に来てはいけないというのがよくわかる日でした

(もちろん来ていませんが)

 

コースは多摩川を下流に走ります

 

弁天橋の鳥居で小休止

ここから折り返しまでは給水ポイントはありません

なのでいつもここの自販機で給水しておきます

 

ここからは東京モノレールの新整備場駅まで環八沿いを走ります

羽田トンネルをくぐれば折り返しまであとすこし

 

で、折り返し地点

目の前を何機もの飛行機がゆったりと進んでいきます

ちょうど着陸した飛行機がターミナルに、また離陸路に。はたまた駐機場から搭乗口にという道なのです

 

以前は給水やトイレはモノレール(地下)の駅にしかなかったのですが、なんか久しぶりに来たら地上にコンビニが出来ていました。

便利になりましたね

 

 

 

ランは往復で18.3km。2時間10分くらいでした

 

ペースはほぼキロ7

 

それにしても蒸し暑かった!

気温的には臨界は越えていませんでしたが、じっとりとした空気が重かった。

お風呂着いたら、雨でもないのにシューズがかなり濡れていました。いや〜すごい汗だわ

 

お風呂は六郷温泉・・・はもうなくなっちゃったので、六郷から雑色に向かう途中にある「照の湯」へ

 

ここは土日は朝10時からやっているので密かに便利

たいしてすごいお風呂でもないのですが、銭湯料金でサウナにも入れるのでわりとお得です

まあ、サウナといっても3人がやっとの小さいものですが、昭和歌謡が流れる室内はなかなかいい雰囲気です

あ、昭和歌謡といってもかなり古い曲ですね。20〜30年代くらいじゃないかな?

 

ちなみに風呂上りに待合室でまったりしていたら、なんかいきなり扇風機のスイッチが入ったのでびっくりしましたが理由は個人の尊厳のために書かないでおこうと思います

 

アフターは多摩川ランといえば!の川崎・若竹

最後のチャーハンは余計だったかなw

ラストオーダーでデザートのアイスを2個頼んで、うっかり2個ともたべちゃったら帰りの電車でBaronさんから「アイス2個食べちゃったでしょ!」というご指摘メールが来ました。バレちゃったw

 

 

Baronさん、山さん、お疲れ様でした

 

追記

 

夜、久しぶりに七光台温泉に行きました

どうしても岩盤浴入りたくて

 

いや〜〜気持ち良かった!!

 

今週もかなりハードなのでなんとか乗り切って、週末またがっつり走って汗をかこうと思います

 

 

 

 

 

 

  • 2017.07.03 Monday
  • 09:46

-

社員旅行といえば

雨・・・・

 

なんでかな

 

前回の九州は初日大雨

前々回の北海道は3日間雨

 

で、今回の北海道も初日以外はずっと雨

天気予報では日曜日のみ雨だったのですが・・・

 

もうね、全部時系列に書いていったらすごく長くなるので、もうかいつまんで書いていきます

 

というかなんだかんだ言っても自分の中のメインは夜のすすき・・・・ではなくて

2日目の札幌〜小樽ランです

(ちなみに夜のすすきのは疲れと寒さで、夕飯(全員)以外はもう速攻で部屋帰って寝ましたサ・・・)

 

23日は社長お付き合いのゴルフ

この日は晴れていました

暑かったです

ゴルフ場にはキタキツネが出ました

はい初日はこんなもんでいいかなw

 

初日の追記

夕飯は社長と一緒でしたが、この時すでにめちゃ寒かったのです

ここで軽く上着をかっておかなかったのが大きなミスでした

これがずっと響きました

 

 

2日目は自分にとってのメイン企画

「小樽まで走ろう裕次郎が待ってるぜ」

 

したっけ、いきなり雨・・・

天気予報じゃ土曜日は雨は降らないと散々言っていたのに・・・

 

おまけに寒い!

14℃

ウェアなんてTシャツとランパンしか持ってきてないっての・・・

 

というわけで、本当は函館本線のほしみ駅からスタートして20kmの予定でしたが、最悪を考慮してひと駅先の銭函駅からのスタートにしました

ここからだと17kmくらいなのです

 

そして、この判断が結果的にはよかったのです

というのも、自分はこのコースは石狩湾を見ながらのんびり走れるものだとおもっていたのですが、実際はどうだったかと言えば、いきなり山道w

箱根と同じくらいの傾斜です

しかもどんどん海から遠ざかっていきます

そして国道5号線

行けども行けども上り坂

景勝園というバス停すぎてそろそろ下りか?と思って見えてくる山

もうね、悪い予感しかしません・・・

 

札樽自動車道が遥か上に見えていましたが

 

気がついたら同じ目線だしw

 

晴れていたら本当は絶景なはずの石狩湾も

雲と海の区別がつかない・・・

 

それでもやっと下りに入り、小樽の港が遠くに見えてきました

あ、上の写真では写っていませんが、このもう少し先に蜃気楼的になんとなく見えたレベルですw

 

小樽築港を過ぎたあたりで雨足が一気に加速!!

 

おたる運河を観光する余裕もなくて

写真撮るのが精一杯

 

雨でも結構観光客はいたので、最後の上りも人の間をすり抜けながらでした

 

で、なんとかゴール

 

コースはこんな感じ

 

何故距離を短くして正解だったかというと

高低差がかなりきつかったからです

こんな感じ

そんなにたいした高低差じゃないって思うかもしれませんが、それこそ5kmで青梅の坂12km分以上を一気に上がるのですよ。

 

もう海沿いを優雅に走るなんて微塵もなかったですねw

 

それでもゴールしたら、駅のトイレで軽く着替えて、お目当ての「なると本店」へ

 

若鶏半身揚げがめちゃうまい!そして今回は特上寿司もつけちゃいました!!

 

お店出たらやっぱり寒い!

 

でもあとは電車乗るだけなのでそのまま駅に戻りました

 

で、お約束の

ここは小樽駅の4番ホーム

裕次郎の曲がいつも流れています

別に思い入れがあるわけではないのですが、雰囲気が好きで毎回ここで少しまったりしてから電車に乗ります

 

雨とはいえ、しっかり走れたので楽しい遠征でした

 

その他の旅行記はまた追って書きます・・・といっても

 

あとは

野球見に行って(札幌ドーム)

 

なんかすごいところにごはん食べにいって

 

まあ、そんなこんなの3泊4日でございました

 

なんか思い出したらまた書きますね

 

 

 

 

  • 2017.06.27 Tuesday
  • 09:19

-

そして昨日は関門

昨日は「青島太平洋マラソン」のエントリー初日

そしていつものようにエントリー最終日w

 

この大会、一昨年まではそれでもエントリー締め切りまで2〜3時間はあったのですが、去年は28分(フル)。で、今年も多分30分程度で終了したと思います

去年は30回記念大会ということで何となく早そうだな・・・とは思っていましたが、今年はもう少し余裕か?と考えていたので、正直なところ、少し意外でした

 

で、よく考えてみたら、一昨年まではエントリーが平日の午前10時からスタートとかだったのですよ

そうすると自分みたいな不真面目な人間は別として、ちゃんと仕事をしている方々はすぐにはエントリーできないので、必然的にそうなるのでしょう。

 

という意味では、逆に夜8時からにしたというのはある意味正しかったのかもしれません

でも自分の友人でもやはりその時間は仕事でどうしても出遅れてしまったという人がいて、エントリーできませんでした

 

抽選は別にして、先着順のエントリーの場合、情熱とタイミングというのが結構大きな要素なんですよね

更に抽選とは違った意味での「運」も必要だし

自分も昔、長野マラソンのエントリーのタイミングで接待ゴルフだったことありました

その時はこっそりスマホでエントリーできましたが、これが大きな商談だったらアウト

まあ、スチャラカ社員なので(自虐)

 

エントリーをいつからにするかというのは、結局100%全員が公平にスタートできるということは永遠にないのでしょうね

多数決みたいなものです。

北海道マラソンの場合はここ数年は日曜日の夜8時とかってことが多いです

それだと確かにより多くの人が助かりますがもちろん100%じゃない。

ただその部分を補うがための抽選も併用しています

自分もそれで救われたことあります

長野やつくばは電話でのエントリーも受け付けていたりします。

 

アオタイの場合も抽選枠を設けています

でも抽選は純粋な運なので、完全なる救済措置とは言えませんが、とにかく「より多くの人がエントリーできるための工夫」をくっつけていくしかないでしょうね

純粋に抽選でも仕方ないのかもしれません

でも「どうしても走りたい」という情熱の矛先としては如何とも・・・

 

そしてこれが0次関門だという人もいますが、地方の大会だとこのあと宿泊施設と交通手段という関門もあります

今回、北海道は人気アーティストもどきのコンサートと重なったということで話題になりましたが、実際に自分がホテル予約したのが2月でしたがその段階ですでにほぼ満室。空いているところは5万以上のホテル・・・

宮崎あたりだと北海道から比べても総部屋数が少ない上に航空便も少ない

コンサートがなくても結構狭き門です

 

ま、一応ホテルだけは押さえちゃっていますが・・・

 

現状において、地方の大会に行く場合、宿泊と交通(飛行機)はエントリー開始より先に!というのが最近では原則になってきていますね

 

といっても宮崎はまだ飛行機の予約ができないのですが・・・

このあたりは来月以降からの開始で、その際には新しいホテルも出ますので、大抵はパックで取り直します

 

という意味では、このホテル争奪戦が0次関門とも言えます

 

、むしろマイナス1次関門かな・・・

 

 

 

 

 

 

  • 2017.06.22 Thursday
  • 09:09