Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

そりゃないでしょ!!

世の中の外食事情を見渡してみると、あらためて「炭水化物だらけ」なのがよくわかります

 

特に安くてひとりでさっさと食べられるようなお店は、炭水化物をオカズに炭水化物を食べるというのが当たり前的で、いったいどれだけの糖質を摂っているんだろうかとゾっとします

 

でもまあ、それはおいしいんだけどね・・・

 

 

立ち食いソバ屋で、かけそば(うどん)と親子丼のセット

ラーメンやさんでラーメンと半チャーハンセット

カレーなんてルーが基本的に小麦粉ベースなので、炭水化物に炭水化物をかけて食べるし

 

もちろん普通に適量で節制しながら食べれば何の問題もないのです

そば屋さんの親子丼はおいしいし、カレーだって小さい頃から慣れ親しんできた味です

 

ただ、いざ炭水化物を制限してみると、世の中の外食、特にランチタイムはホントに食べるお店が少ない。

まあ、定食頼んでごはん食べなければ成立はしちゃうんだけど、これでは絶対的な量が少ない

 

というか「野菜をたくさん食べられるお店」が圧倒的に少ない

と正確に言えば「あるけど高い」です

 

高田馬場でお昼に野菜をたくさん食べられるお店は、知る限りでは3店

タイ料理のランチバイキング

蕎麦屋の定食につくサラダおかわりし放題

サイゼリアでサラ2人前とポトフ

 

サイゼは1200円くらいになるので結構キツいw

 

得意先付近では、サラダバーが有名なシズラーや、ホテルのランチビュッフェなど数店ありますが、ほぼすべて1500円以上

上野にある自然食のお店は、ランチタイムで1800円!

普通においしくて、食材的には値段相応なのはわかるのだけど、その値段はそんなにしょっちゅうは出せないし・・・

 

逆にごはん食べ放題的な危険店(笑)は、500円からあります。さ〇ら水産とかね

ここ、生たまごや海苔やお新香に味噌汁も食べ放題だからごはんが果てしなく進んでしまう超危険物件w

もちろん今は全く行きませんがw

 

更に困ったことに、今挙げた野菜店の中で、先日生野菜のなかにGを発見してしまい、そこにはもう二度と行きたくないので、更に選択肢が消滅

 

もうね、短い昼休みにお店開拓しなきゃならなくて、結構しんどいです

 

で、実はここまでが前置き

 

 

 

タイトル「そりゃないでしょ!」についてですが

 

それは昨日のことです

 

以前から気になっていたお店が某山手線沿線にありまして、

そこは中華のランチビュッフェやっているお店なのですが、値段が安い!

680円!

ま、そんな値段だから料理はそんなに期待していませんが、野菜系だけをたくさん食べるにはちょうど良いし、この安さは魅力

というわけでこちらに用事があったのでお昼に寄ってみました

 

以下は潜伏記

 

まず入っていきなりちょっと揉めました

というのは、自分が入店したのは繁忙期過ぎた1時半

 

店内には15テーブル程度あり、なかなか広いお店

お店の中はガラガラで、2組の客しかいませんでした

1人の客と、2人連れの客の2組

 

瞬間に撮ったので1部分ですが、こういう空席ばかりです

 

でもなぜか自分が案内されたのはひとり客と同じテーブル

しかも隣り合わせ!!!

案内したのは隣国半島系の若者

 

ほかのテーブルはガラガラですよ!

 

例えば1人で来た客に対しては相席を原則としているお店は結構あるので、ここもそうなのかもしれませんが、90%空いている店内で、しかも同じテーブルに並んで座れって、あまりにもひどい!!

 

 

なかば呆れながら別の席にしてくれと言ったら、しぶしぶ隣のテーブルに

 

写真で言えば、この人の右となりを最初は案内されたわけですね

すごいでしょ!ガラガラの店内で見ず知らずの人と同じテーブルで並んで食え!という指示ですよ!!

 

で、文句言ったら左のテーブルにしてくれたわけです(コートかけてある席)

 

返す返す、店内はガラガラです

 

正直、ここで微妙な空気になっていたのですが、こう見えて辛抱強くて温厚な私ですので、気持ちを切り替えてバイキング台へ

 

で、取ったものはこんな感じ

 

青椒肉絲

ザーサイ細切り

もやしナムル

スープに関しては、しょうゆラーメンをセルフで作れるようになっていたので、具材(わかめ・もやし・ねぎ)としょうゆスープのみ食べました

 

野菜と玉子の中華スープも取りましたが、けっこうトロみがついていたのでお椀に三分の一くらいにしました

 

その他、麻婆豆腐も食べましたが、焼きそばや点心やチャーハンはもちろん回避

 

う〜〜ん・・・

 

ほとんど食べられるものがない・・・

 

ま、安いからいいんだけど

 

最初の相席問題がなければこれからもたまにはいいかな・・・とは思えでしょうが・・・

 

さすがにあのレベルの相席は絶対嫌です

 

そういえば15年前くらいに同じような相席を指示されたことがありました

もうなくなっているのですが、高田馬場にあったカレー屋さんでした

 

入った時に店内には女性客がひとり

やはり20席くらいある店内はがらがら

なのになぜかその女性と同じテーブルに座れと言われた

 

ここもこう見えて辛抱強くて温厚な私ですが、別の席にしてもらいました

 

どうしてるかなあのインド人・・・

 

何にしても昨日から思い出すたびにちょっと釈然としない気分になっている自分です

でも根は辛抱強くて温厚ですから!!

 

 

 

 

 

  • 2017.02.02 Thursday
  • 09:49

-

スポンサーサイト

  • 2017.03.30 Thursday
  • 09:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
1つのテーブルに座らせておけば運ぶのも楽だし、片付けも1つのテーブルを拭けばいいし、長居しづらいから食べるだけ食べたらすぐに帰ってくれるだろうし、全て店側だけの論理ですね。かの国は嫌だったら文句を遠慮なく言うのが美徳のようですから、おもてなしを期待してはいけないのかもしれません。お疲れ様でした。
  • 2017/02/02 5:56 PM
基本的に客の気持ちではなく、店側の都合だけを考えた席誘導ですね。それにしてもガラガラの店内でそのオペレーションに対して疑問を持たないというのだから、分かり合えることは当分ないでしょうね
ま、いいんだけど・・・
店の方針ということも大きいのでしょうが

ランチタイムだろうとどこの誰が経営していようが、個人的には相席は大嫌いなので、そういうお店は遠慮しています。逆に、ひとりの場合、カウンター席が空いていればテーブル席には座らずにできるだけ複数人のお客さんのためにテーブル席は空けときます。それくらいが行って来いのマナーかなって思います
でも更に感情的な点で言えば、こちらはちゃんと放っておいてもカウンター席に行くので、入店するやいなや「カウンターにお座りください!!」と強く言われるのは気分がよろしくないです。そういうお店がたまにありますので。もちろん方針なんでしょうが
  • かず
  • 2017/02/03 8:47 AM
Send Comment