Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

-

4か月って長いね

更新は4か月ぶりですな

 

秋以降のマラソンはすべてSとF

走れる体じゃないです

大阪は15kmまで行ったけど、正直そこでもういっぱいいっぱいでした

 

秋の三連戦前に、ある一定の「領域」を超えた時期があったのです

それはつまり、今までは体重があっても筋肉量でなんとかなったので、本番前にきちんと練習できたのです

ある領域というのは、この練習自体が出来なくなるくらい筋力が落ち、体重が乗ってしまったポイントです

先に言うと、ここ数日はスポーツクラブ効果が若干出てきて、あと1か月あればちょうど1年前くらいまではなりそうな感じです。体重ではなく筋力のほうですが

 

実際、自分の場合は筋力が落ちると練習で10kmすら走れなくなります。

逆に言えばある程度の筋力が復活すればなんとか長い距離の練習をこなせる素地が出来るということです

長い距離を走れないと体重を落とす練習がほぼできない

悪循環ですね

 

とにかくね

過去最悪の時期です

ここまで太るの?という感じでした

いやほんとわからない

わからないっていうのは、何で太るのかということではないのです

太る理由は摂取カロリー引く消費カロリーが常にプラスだからです

自分の生活がそのさいくるだということがわからないようなバカじゃないです

いや、もちろんそれ以外の理由だってあるでしょうが、どんな理由があっても結局はここに帰依するわけです

ただね、自分の場合ホントにわからないのは、他の人と比べて毎日食べ放題行ってるわけじゃないし、意外にも家で晩酌しませんから自分。

「毎晩のビール減らせば痩せるよ!」と、いきなり初対面で言ってくる奴とは基本2度と会うことはないです。知らないでそういう事を言う人間は大抵、自分を下に見ているということわかるので

太っている=酒好きと思い込んでいる人は基本的に知識もない人です

むしろ酒好きで、飲んでいる時にあまり物を食べない人はそこまで太らない人が多いですね。あくまで傾向ですが

 

ま、それはさておき、練習すらできなくなっていた自分ですが、自宅のバイクトレとスポーツクラブでなんとかなりそうな感じです

まだなんとかなってないですよ。そんな感じがするだけです

 

なのでここ1年はレースほとんど出ていません

完走は去年の春日部大凧の10kmだけ

いやもうね、2時間半制限のハーフなんて怖くて出られませんって!

もっとも、去年はハーフ完走もできなかったでしょうし

 

今年はなんとか春の長野までには完走できる程度の練習はしたいのです

 

という矢先

 

新型コロナ(なんか車みたいだ)で春のマラソン大会は軒並み中止ムードです

東京・三浦は確定で、板橋とはなもももそんな感じになりそうだし、そうなると長野と霞ヶ浦も危ない。

3月・4月のハーフも(吉川・羽生・鴻巣の埼玉シリーズ)あたりも、まだ話題には出てないけど怪しいもんです

 

ま、決まってしまったら致し方ないのでしょうが・・・

それに関して国の対策云々を今ここで議論するつもりは全くないです(忸怩たる思いはありますが)

 

今年は早々に北海道マラソンの中止が決定していて、地元で毎年10月に行う流山ロードレースもなぜかオリンピックの影響で中止(う〜〜〜ん)

神戸大阪当たるかわからん

 

そんな感じなので、今年の勝負レースは12月の宮崎アオタイだけかもしれません

 

でもそれはある意味良いことかもしれません

 

初フルを走った時の気持ちに戻って、12月のアオタイを目指すのもいいかもしれないですね。下手にレース入れちゃうと、レース前に練習調整しちゃうんだよね・・・

 

という感じの今日この頃です

あ、自転車!

 

我が家に2台

MTBと(メリダのビッグセブン)

 

ロードも(フェルト)

どっちも中古ですが

 

台風の影響で以前いただいたものがオシャカになっちゃったので・・・

遠出もしてみようと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 18:08

-

台風のせいで・・・

何のことかわからないでしょうが、実は今回の台風襲来に関しては、我が家にとってはちょっとした事件でした

 

まずいちばん最初に言っておかなければならないこと。それは

「実はこの3連休は、家族で北海道旅行に行く予定になっていた」

ということです

 

夏から計画し、飛行機やホテルも吟味して、観光予定や食事の予約など、かなりしっかり予定組みました

 

そしていざ出発1週間前になって台風発生

 

もちろんこの3連休は自宅待機で終了・・・

 

被災された方々に対してお見舞い申し上げるのはもちろんです。それにくらべれば些細なことでしょう。でもこちらも精神的なショックは多少なりともありましたね。

 

ただ、自宅待機に至るまではできるだけの努力もしました

 

12日夕方羽田出発予定でしたが、午後になるほど欠航確率が高いので、まずは午前便に変更しました(航空会社も便の変更を奨めていたので無償で変更)

 

ここでもう一つの保険を検討。それは、新幹線での移動

まず札幌まで新幹線で行く方法・・・これだと8万近くかかります

もう一つは12日はなんとか大丈夫であろう仙台まで新幹線で行き、そこからLCCで札幌へ

これなら5万くらいで行ける

 

ということで新幹線とLCCを予約

 

整理すると

12日午前便で羽田から札幌

12日午後便で仙台から札幌

このふたつのルートです

 

さてこのあと時系列で

まず12日の羽田出発便はほぼすべて欠航決定。これにより羽田ルートは断たれる

 

そしてそのあとになって、12日仙台発のピーチも欠航決定

この時点で仙台ルートは放棄

 

そのあと家族に相談

13日からの1泊旅行に切り替えた

13日羽田11:20発千歳行に変更

11日の夜8時の段階で、13日の便も欠航が決定・・・

というか13日の17時に札幌に着く便は(その時点では)飛ぶことになっていた

会社の帰りだったので、最後に家族に相談しようと電話かけて、呼び出し音の最中にちょっと冷静になりました

「もう諦めたほうがいい」

13日の17時過ぎに北海道着いて、翌日16時に千歳出発の旅行なんて無理して行くことないじゃん!!

 

晴れて(台風ですが)自宅待機決定

 

まあそれでもやることは同じでね

窓にテープ張ったり、場所によってはダンボールも貼ったり

車のガソリンはどうしようか迷ったのですが、無理を承知で11日夜に出たら案の定、近所のスタンドはほぼすべて品切れ閉店

(結果言うと、12日朝5時に別ルートのスタンド行ったらやってたので満タンにしました。しかも並びなし)

 

結果

仙台ルートは新幹線も航空機チケットも払い戻し決定(新幹線は1か月間の猶予あり)

北海道のホテルと食事の予約はすべてキャンセル(支払なし)

羽田と千歳往復チケットは払い戻し(手数料なし)も日程変更もどちらでもOKということで、11月最初の3連休ににリスケしました

実は帰りの飛行機は11月のほうが倍くらいするのですが、今回は差額なしで変更できました

 

という感じで、終わってみれば財布的には全く痛まないですべてリスケできました。

無理に仙台から行くこともしなくて良かったです

 

世間的には酷い爪痕残した台風でした。

実家のあたりはすぐ近くまで千曲川の決壊で今もてんやわんや。直接的な被害はなかったのですが、食べ物が不足している状況みたいです

多摩川も大変だったようです。これだけ河川が氾濫したということはやはりすごい量の雨が降ったということ。やはり温暖化という要因が大きいのでしょうか

 

いずれにしてもいろんな準備に関して、良い教訓になりました

  • 2019.10.15 Tuesday
  • 15:49

-

走れないなりの努力

完全に走れなくなっている今日このごろ

それでもなんとか着替えて外に出て、さてコースはどうすっぺ?という感じです

で、日曜日はちょっと思い立って柏駅で下車。そこからすぐの国道6号線をスタート。南下して松戸駅までの11km

なぜこのコースかというと、実はこのコース、自分がロードを走り始めた頃に使っていたコースなのです。

といっても当時は北小金というところに住んでいて、でも実はここがとても便利だったのは

)名金(付近)から柏まで往復10km

∨名金(付近)から松戸(付近)まで往復10km

K名金(付近)から八柱霊園まで往復10km

とまあ、当時の家からだと東西南に10kmコースが作れたのです。しかもどれもきちんと歩道があってなおかつかなりのアップダウンつき。

今思えばこのコースを毎日のように走っていたのだから、そりゃあ脚力つくよなあ・・・

八柱コースだと、10kmの間に大小6〜7個のアップダウンがあったのですが、それでもほぼ毎回50分~52分で走ってたな。54分とかかかると体の調子悪いのかな・・・とか考えてたし。しかも実際は106kmくらいだったから、キロ5で毎日走ってたんだよな多分

引っ越してからは近所にいいコースなかったので、家ランはホントにしなくなりました。ここ1年くらいは自宅からのコース開拓していますが、まとめて10km走れてしかもアップダウンがあるっていうコースはさすがにないですね

 

で、前置き長くなっちゃいましたが、久しぶりに上3コースのうち八柱を除くコースを直線で走ってみました

歩道があるといってもそこは国道。脇道から出てくる車には細心の注意をはらいながらのラン。ここはむしろ夜のほうがライトで車が来るのがわかるので、夜のほうが安全なんですよ

 

コース上にあるお店などはそれなりに変わっていますが思った程でもなく、懐かしさ感じながら松戸駅にゴールしました

 

松戸ではいつものサウナ。ここはラン後の風呂としては自分の中でベスト3には入ります。

休憩ルームでまったりすることを含めばですが、これは60分コースでは使えないのです。だからいつも3時間コースかサービスコース。何にしても一気に疲れが吹っ飛ぶこと間違いない

中の食事処も評判なのですが使ったことはありません。昨日はさんまフェアでした。定食にしても700円なのでかなり惹かれましたがまた次回!

  • 2019.09.30 Monday
  • 17:31

-

悪い傾向かな

今年(2019年に走る)のマラソンに関しては、抽選申し込み大会に関しては東京マラソンを除いて、姫路・神戸・大阪と、すべて当選しました

東京マラソンは2013年に父の急逝で参加できなくなったことを境にブラックリストに載ったようで、それまで7回中4回の当選をしていましたが、それ以降全く当たらなくなりました。

 

で、来年走る大会の抽選ですが、当然のごとく東京は落選。多分今後は寄付金出走しないと無理でしょう。で、1回でも寄付金出走したら、永久に抽選では当たらないと思います。根拠ないけどね。でも普通に考えたら、寄付金払ってでも出た人なら、無理に当選させなくてもそのうちまた10万円の寄付金出走するだろって、商売やっている人なら考えるよね。

というわけで東京は最低限プレミアムメンバーにでもならないと2度と走れないだろうなあ

 

それはさておき・・・というかね、なんか東京マラソンも過去何回か走っていて、ぶっちゃけもうこんなに敷居が高いレースなのでもうどうでもいいや的になっています。以前も書いたことですが、ぶっちゃけ東京に一喜一憂するのがもうミーハーすぎて恥ずかしい気持ちなんです。

むしろ地方にもすごくいい大会多いしね

東京に固執していたら、毎年ほぼ同日(来年はズレていますが)の姫路城マラソンの良さはわからなかったでしょう

 

なのでむしろその来年の姫路城マラソンの落選のほうがショックです

 

姫路城は第3回と第5回(今年の2月)に当選。でも今年の2月は扁桃腺で泣く泣くDNS

飛行機のキャンセルは返金なしだったのでかなりの痛手でした

 

そういう意味では姫路城マラソンもドタキャンだったので、今後2度と当たらないかもしれません。ま、神奈川県の某大会ならそれでもまた当たるかもしれませんが・・・

 

というわけで来年の抽選レースの抽選結果としてはちょっと幸先悪いです

 

来期は大阪か神戸どちらかだけでも当たらないかな・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2019.09.27 Friday
  • 17:54

-

2か月あきました

まあね、正直お盆過ぎに長野で30km走やったりもしたのですが、結局北海道もたいした盛り上がりもなくて、とにかく悶々とした日々を過ごしています。というか過ごしていました

今週からはなんとなくスイッチが切り替わって・・・まあこれも切り替わったというよりは昔のラジオのチューニングみたく、ツマミを左右にクルクル回しながらなんとなくクリアに聞こえるポイントを探しているような、そんなスッキリしない気分です

 

ま、これにはいろんな要素があるのだけど、事の発端は宮崎での股関節故障

言っていませんでしたが、宮崎の海沿いで段差を踏み外し、その勢いでd股関節の古傷をやっちゃいました

こっちに戻って病院行って、まあなんとか走れるのだけど、もうキロ8分がやっとこさ

なので長野での最終30kmも後半はほぼ歩き。

制限時間5時間の北海道でこのタイムは通用するわけがない。

でもエントリーもしているし、行けるところまで

 

ま、10kmにも満たずに試合終了

 

怪我するでしょ、で、走れなくなるから余計に体が鈍る。更に走れなくなるの悪循環

その間にも、やれランナー失格だ、やれ自己管理が云々だと、デブいびり大好きな方々は笑いながらディスってくるし

鬱じゃないけど鬱になるんじゃないかと思うくらい灰色な時を過ごしていました

 

それが改善されたかどうかはわからないですが、まあなんとかまた走れそうな気持です

 

今の自分はキロ7分すら無理でしょう

 

でもだからといって何もしていなかったわけじゃないです

しっかりと食事制限しまして、体重増はかろうじて回避しました

さっきも書いたように、体が鈍ってしまうというのが正味な話です

 

自分の場合元々重い体ですが、それも人並み以上の恵まれた筋肉で支えながら走っていたわけですね

ところが鈍ってきて筋肉量が落ちてきて、これじゃあ走れるわけがない

でもトレーニングしようとしても、今の自分の体は既に運動やるにも厳しい状況

すべて悪循環というわけです

 

神戸はあと2か月

 

とりあえずやる気は出てきたので、軽ジョグからでもまたリスタートします

 

で、それもやっぱりさておき

 

10月20日(日)には川崎方面でラン友さんといろいろミックス飲み会を開催します

怪我からの復帰(祈願も含む)や、東京マラソン落選記念。

私の北海道中膝栗毛、長野の極暑練習美貌録(備忘録)

ま、口実なんてなんでもいいんですよw

 

みんなで集まって情報交換です

 

ちなみに自分は走っていきます。ゴールを雑色の照の湯にしています

走ってから昭和歌謡流れるサウナでしっかり温まって、飲み会に備えます

 

場所と時間は追って連絡しますね

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 17:43